越冬中のムラサキ兄弟 2021.11.17

マイフィールドのヤマトシジミ達はまだまだ元気ですが、この時期になってくると気になるのが、越冬する通称ムラサキ兄弟…つまりムラサキツバメとムラサキシジミです。

 

ムラサキシジミはそれなりに会う機会の多い蝶ですが、ムラサキツバメは越冬中の個体にしか会ったことがありません。富士山が冠雪し、北海道から初雪の便りが聞こえてくる季節になると、あの美しい紫色の輝きが見たくなってきます。
ということで、今年も埼玉県内のポイントにお邪魔してきました。

ムラサキツバメのメスです。

ムラサキツバメは、オスが地味でメスが美しい。でも、オスも光の当たり具合などで渋い紫色を見せることがあって、毎年そんな姿を撮りたいと思うのですが、なかなかチャンスがありません。
この日は、私がポイントに着く前に素晴らしいチャンスがあったそうで…。

ムラサキ兄弟のポイントで、環境の整備などホスト役をして頂き、いつもお世話になっているPhotobikersさんのブログを見ると…あらあらあら…素晴らしいオスの写真が出ています。のんびりカレーうどんを食べてる間に、電車に乗り遅れてる場合じゃなかったです。

この冬の課題のひとつは、この写真のオスにどこまで迫れるか、に決定しました。

 

そんな訳で、正午を過ぎてからポイントに着いたのですが、それなりに蝶達が遊んでくれて良かったです。

ムラサキツバメのオスはチャンスなしでしたが、メスはなかなか綺麗な個体が写真を撮らせてくれました。これだけでも十分満足です。

 

ところで、ニコン機をお使いの方は、現像ソフトは何を使っておられるのでしょうか。

私は以前はCapture NX2、途中Lightroomなども使いましたが、今ではCapture NX-Dに落ち着いています。カラーコントロールポイントも搭載されて使い勝手は良くなったものの、まだ私の環境(i7 6700 + 12GB)では重かったり不安定だったりしますし、肝心のカラーコントロールポイントも…選択する色の範囲を調整出来るようにして欲しいなどの不満はありますが、無料なので仕方ないかという感じです。

で、NX-Dは、ピクコンで「カメラ互換」と「最新のピクチャーコントロール」とを選択出来るのですよね。
最近は「最新…」の方を使っていたのですが、ムラサキツバメの紫色を見て考え込んでしまいました。

どうでしょうか。
元々、紫色はデジタルカメラの苦手とするところですが、「最新の…」はいくら何でも青すぎて、これじゃムラサキツバメではなくアオツバメになってしまいます。

D500のピクコンはEXPEED5、最新のピクコンといえばD6のEXPEED6だと思いますが、この「最新の…」は本当にEXPEED6相当なんでしょうか。疑問は残りますが、少なくとも紫色をメインに現像する場合は注意が必要かなと思いました。

 

さて、ムラサキツバメに混じってムラサキシジミも遊んでくれたので、紹介しておきます。

上がメス、下がオスです。
欲を出せばキリがありませんが、まだまだシーズンは始まったばかり。これからですね。

 

最後に、アカタテハを紹介します。
そんなに珍しい種類でもないし、結構傷んではいるのですが、気になることが。

この2枚を見比べると、翅の角度によって、前翅前縁に青っぽい幻光のようなものが浮かんでくるのが分かります。

これはアカタテハでは良く見られる現象なのか、あるいは蝶全般的に見られるのか、とても気になります。どなたかお詳しい方はおられないでしょうか。

 

撮影機材:
Nikon D500
AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR

Related Post

埼玉の越冬蝶 2021.11.28
views 11
相変わらずのノンビリ更新で、今年撮った写真のアップが年内に終わらなそうです…。 この日も埼玉県内の越冬蝶ポイントを訪問しました。 自宅近くでも新規開拓したいと、望みがありそうな辺りを歩いて...
埼玉の越冬蝶 2021.11.26
views 59
前日の新宿御苑に続いて、この日は埼玉県内の越冬蝶ポイントを再訪しました。 今度はカレーうどんに惑わされることなく、午前中に到着、ムラサキ兄弟もまずまずの出で、いつもホスト役をして下さる里山便...
新宿御苑の越冬蝶 2019.1.5
views 443
新宿御苑でムラサキツバメの越冬集団が見られると聞いて、行ってみることにしました。 昨日はお天気が良くて非常に暖かく、気温も14度の予報でしたので、活発に動いてくれるのではと期待していましたが...
2月中旬のムラサキ兄弟 2020.2.13
views 102
日付が前後しますが、2月13日に撮影したムラサキ兄弟の写真を紹介します。 暖冬といいつつも、埼玉県北部では氷点下まで気温が下がる日もあります。2月に最低気温が氷点下となったのは、12日までの...

6 thoughts on “越冬中のムラサキ兄弟 2021.11.17

  1. アカタテハの前翅前縁の幻光のようなものということだったので、手持ちの写真を調べてみました。
    掲載の写真ではよくわかりませんが、
    https://dandara2.exblog.jp/23153616/
    のようなものでしょうか。
    すべてを調べてはいませんが、私のストックでは数は多くないですね。

    1. ダンダラさん、ありがとうございます。
      確かに同じような感じですね!
      光の当たり具合で、時々見える程度なのかもしれませんね。次からアカタテハを見た時は、少し気を付けて観察してみようと思います。
      わざわざ探して頂いて、ありがとうございました。

  2. 久しぶりに楽しいブログ拝見
    しました。ムラサキツバメは
    オス、メスとも色合いの再現
    がむつかしいですね。特にオ
    スは様々で苦労します。
    これからも楽しみです。

    1. Farfallaさん、ありがとうございます。
      本当にムラサキツバメは、撮影するのに悩ましい蝶ですね。あまり色を弄り回したくないので、基本撮ったまま(撮れたまま)の色調ですが、昔のデジカメと違って紫が青にしか写らなかったりといった大きな破綻がないのが助かります。

  3. おはようございます。

    何時もの亀レスで申し訳ありません。 当日を含めお疲れさまでした。 お見えになることが分かっていなくて、得意の「こっち、こっち!」「出ていますよ~!」、「オスオス!」「別嬪彡!」などの連呼が足りなかったように感じます。 次回こそは連呼の嵐を浴びせるぐらい出てほしいものですね。 W笑W

    何時でもお待ちしていますよ。 空振り覚悟でお出かけください。

    1. 里山便りさん、ありがとうございます。
      いつもお世話になりっぱなしですみません。
      お陰様で、空振りどころか、十分撮影を楽しめています。これからも足を運びたいと思っていますので、引き続きよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。