まさか、前のエントリをアップした翌朝に、こんな事が起こるとは予想もしていませんでした。

年が明けて1日、2日、そして3日と、「もう居ない。」と理解はしているのに諦め切れず、毎朝仕事の帰りにいつもの公園を覗いていました。
が、やはりヤマトシジミの姿はなく…。

そして今朝も、夜勤明けの重い足を引き摺るようにいつもの公園へ。
昨年ヤマトシジミが良く塒にしていた木のポイントを見て廻りますが、やはりその姿はありません。「そりゃそうだよね。」と納得しつつ、例年はよく止まるのに昨年は人気がなかった木の横を、一応は注意しつつ通り過ぎたその時…。

「ん?」

ヤマトシジミぽい色と形を見た気がしました。

 

そっと引き返して探してみるも、なかなか見つかりません。
枯れ葉を見間違えたかなと思い始めた頃…。


(f13 1/125 ISO400 -2/3)

分かるでしょうか。
左上にチラッと見えているその姿が。
ここには期待していなかったので、自分でも良く見つけたなぁと思います。


(f13 1/250 ISO800 -1/3)


(f10 1/250 ISO800 -1/3)

信じられない思いでそのヤマトシジミを見つめてしまいました。年末年始からずっと氷点下、それも元日と2日は−5℃位まで下がったのに、彼は年を越すことに成功していました!

朝の内雲間から眩しい太陽が姿を見せますが、もう少しと言うところで雲の影に隠れてしまいます。
気温も11時を過ぎて5℃と、寒い日でした。

開翅を撮りたかったのですが、無理と判断して帰宅しました。


(f13 1/400 ISO400)

 

ここで気になるのは、このヤマトシジミが、あの年末のヤマトシジミ君かどうかです。

上:2020年12月28日撮影
下:2021年1月6日撮影

私には同じ個体に見えますが、どうでしょうか。
年が明けてから、ヤマトシジミが羽化できるような暖かい日はなかったので、ほぼ確定と思っています。

良く頑張った。
良く頑張ったなぁ。

 

それにしても、私はまたしても自然の逞しさを見くびっていましたね。
「可哀想とは思わない。」だなんて、マイナス5℃で一晩放置すれば死んでしまう弱い生き物である人間の、些か傲慢な考えでした。

機材:
NIKON D500
AI AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8D

Related Post

ヤマトシジミ 2022.3.3
views 89
モンキチョウを何とか撮影出来たので、ヤマトシジミなどが発生しているという、埼玉県中部のポイントに行ってみました。 ポイントに着くと、御馴染みのお二人が先着されていて、久し振りに一緒に蝶を追う...
アサギマダラ 2021.10.24
views 44
夏眠を貪り、その勢いでブログもサボりにサボっていたのですが、とうとう安否確認が来始めたので…頑張って更新を再開しようと思います。   どこから再開するか少し悩みましたが、久し...
ルリボシカミキリ 2021.6.17
views 111
オオムラサキを撮影した日、同じ公園内で3〜4頭のルリボシカミキリを観察出来た。 クロホシタマムシは勿論、ヤマトタマムシにも全く会えていないが、ルリボシカミキリは今年も個体数が多そうで嬉しい。...
コムラサキ 2021.6.1
views 78
今年は何とかミドリシジミの開翅が撮れたので、この日はミドリシジミのメスとコムラサキに期待して埼玉県南部のポイントに出掛けました。 が、勤務明けで遅かったせいかミドリシジミは全くの期待外れ。...

8 Replies to “HE IS LEGEND 2021.1.6”

  1. ヤマトシジミが最低気温-5℃2日続いて生き延びていることが凄いですね!
    ムラサキツバメの越冬集団は-5℃が続くと集団維持が難しいように感じます。

    我が家の中で11月28日羽化したウラナミシジミは2回/週程度の餌やりで、
    1月10日現在まで生き延びています。
    LED電灯の下に連れてくると照明を太陽光と勘違いして暖をとるかのよ
    うに翅を開きます。

    1. 高橋明さん、はじめまして。
      御訪問ありがとうございます。
      と思ったらヒメオオさんでしたか。

      本当にこのヤマトシジミには驚かされましたし、感動しました。翌7日以降目にしていませんが、きっとどこかで元気にしていると思っています。
      ムラサキツバメの活動する温度等について、こちらとヒメオオさんのブログで解説して頂きありがとうございます。
      今後の参考にさせて頂きます。

      ウラナミシジミも長生きしてくれるといいですね!

  2. すごいですね。ヤマトシジミ毎日の
    氷点下にもめげずに元気だったの
    ですね。感動ものですね。熱心な
    観察に拍手です。

    1. Farfallaさん、ありがとうございます。
      本当にまさか生き延びているとは思わず、勝手に死んでしまった事にして申し訳なかったです。
      この日を最後に目にしていませんが、きっとまた元気な姿を見せてくれると期待しています。

  3. 斑紋の並びに定規を当てて確認してみましたが、同一個体のようですね。
    ヤマトシジミが年を越したということですよね、びっくりです。

    1. ダンダラさん、ありがとうございます。
      やはり同一個体のようですね。
      私は越年ヤマトシジミを初めて見たので、感動しました。
      この日を最後に姿を見ていないので、見つけられて本当に良かったです。

  4. 遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
    先日、photobikersさんの紫兄弟のポイントに貴兄が来られることを期待して出かけました。
    その日は連絡なしで来ないので二人でどうしたのだろうねと話していましたが、
    夜勤明け、しかもゴタゴタしていて大変だったのですね。
    てっきり二日酔いで・・・なんて噂してしまったことお詫び申し上げます。
    このヤマトシジミは擦れもなく綺麗な個体ですね。両日撮影の写真を見比べると私も同一個体のように見えます。こんな時期なので殆ど動かないのでしょう。9日後の写真も翅に新たな擦れもなく綺麗ですね。
    最後になりましたが、戦闘機、蝶などこれからもよろしくお願いします。

    1. maximiechanさん、あけましておめでとうございます。
      こちらこそご挨拶が遅くなりましてすみません。昨年は本当にお世話になりましてありがとうございました。
      今年もよろしくお願い致します。

      当日の内に私の部下1名が配置から飛ばされる程のトラブルでしたので…行けずに残念でした。私も久し振りにお会いしたかったです。

      ヤマトシジミ君はウィル・スミスも真っ青なレジェンドぶりで、その後姿を見られていないのですが、この否に見つける事が出来て本当に良かったです。

      戦闘機…新型コロナが落ち着けば、岐阜に行きたいのですが…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。