「青い衝撃」といえば、空自のブルーインパルスを思い浮かべる方も少なくないでしょう。

ましてや、私のブログですからね。
しかしながら、今回のエントリはブルーインパルスではなく、ここ2か月程追いかけ続けていたヤマトシジミについての記録の一部です。

低温期型のヤマトシジミのオスといえば、皆さん大体白っぽい、色薄い、といったイメージなのではないかと思います。


(f8 1/160 ISO200 -1/3)


(f10 1/500 ISO400 -1/3)

だいたいこんなかんじでしょうか。

でも私、気付いてしまいました。
新鮮なオスが翅をパタパタしていた時、鮮やかなブルーが煌めく事に。
ならばとD500の真骨頂、連射…もとえ、連写能力を活かしてみました。


(f10 1/400 ISO200 -1/3)


(f10 1/400 ISO200 -1/3)

上の2枚を見比べると、下のショットの左前翅が際立って青いです。まだ見たことがない、「見たい蝶ベストテン」に入るサツマシジミを思わせるような、何とも爽やかなブルーです。
地味だと思っていた低温期型のオスが、こんな美しい色を隠してたなんてと、びっくりしてしまいました。

蝶の先輩方はきっと御存知なのでしょうが、普通種といえどヤマトシジミは侮れない存在でした。


(f8 1/640 ISO200 -1/3)


(f8 1/800 ISO200 -1/3)


(f8 1/1000 ISO200 -1/3)


(f8 1/1250 ISO200 -1/3)


(f8 1/1250 ISO200 -1/3)

いや美しいですね。
前翅よりも後翅の方が色が出やすいようです。


(f10 1/640 ISO400 -1/3)


(f10 1/320 ISO400 -1/3)

撮影したのは家のすぐ近くの小さな公園ですが、12月20日を最後にヤマトシジミの姿が消えたので、来年の春の楽しみが増えたと思っていたのですが…。
続きは次のエントリで書くことにします。

機材:
NIKON D500
AI AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8D
SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM(最後の2枚)

Related Post

ヤマトシジミ 2022.3.3
views 112
モンキチョウを何とか撮影出来たので、ヤマトシジミなどが発生しているという、埼玉県中部のポイントに行ってみました。 ポイントに着くと、御馴染みのお二人が先着されていて、久し振りに一緒に蝶を追う...
アサギマダラ 2021.10.24
views 50
夏眠を貪り、その勢いでブログもサボりにサボっていたのですが、とうとう安否確認が来始めたので…頑張って更新を再開しようと思います。   どこから再開するか少し悩みましたが、久し...
ルリボシカミキリ 2021.6.17
views 136
オオムラサキを撮影した日、同じ公園内で3〜4頭のルリボシカミキリを観察出来た。 クロホシタマムシは勿論、ヤマトタマムシにも全く会えていないが、ルリボシカミキリは今年も個体数が多そうで嬉しい。...
コムラサキ 2021.6.1
views 85
今年は何とかミドリシジミの開翅が撮れたので、この日はミドリシジミのメスとコムラサキに期待して埼玉県南部のポイントに出掛けました。 が、勤務明けで遅かったせいかミドリシジミは全くの期待外れ。...

2 Replies to “青い衝撃 2020.12.10”

  1. ヤマトシジミ美しいですね。決して
    侮れないです。写真の撮り方ひと
    つで色合いがかなり違って来ます
    ね。12月20日まで見られたので
    すか。かなり遅い記録ですね。

    1. Farfallaさん、ありがとうございます。
      蝶を撮り始めて10年ほど、北海道を除けばどこにでもいるヤマトシジミに、こんな秘密?が隠されていようとは思いませんでした。
      こてからは低温期型のオスを見かける度にこのブルーを狙おうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。