青い衝撃 2020.12.10

「青い衝撃」といえば、空自のブルーインパルスを思い浮かべる方も少なくないでしょう。

ましてや、私のブログですからね。
しかしながら、今回のエントリはブルーインパルスではなく、ここ2か月程追いかけ続けていたヤマトシジミについての記録の一部です。

低温期型のヤマトシジミのオスといえば、皆さん大体白っぽい、色薄い、といったイメージなのではないかと思います。


(f8 1/160 ISO200 -1/3)


(f10 1/500 ISO400 -1/3)

だいたいこんなかんじでしょうか。

でも私、気付いてしまいました。
新鮮なオスが翅をパタパタしていた時、鮮やかなブルーが煌めく事に。
ならばとD500の真骨頂、連射…もとえ、連写能力を活かしてみました。


(f10 1/400 ISO200 -1/3)


(f10 1/400 ISO200 -1/3)

上の2枚を見比べると、下のショットの左前翅が際立って青いです。まだ見たことがない、「見たい蝶ベストテン」に入るサツマシジミを思わせるような、何とも爽やかなブルーです。
地味だと思っていた低温期型のオスが、こんな美しい色を隠してたなんてと、びっくりしてしまいました。

蝶の先輩方はきっと御存知なのでしょうが、普通種といえどヤマトシジミは侮れない存在でした。


(f8 1/640 ISO200 -1/3)


(f8 1/800 ISO200 -1/3)


(f8 1/1000 ISO200 -1/3)


(f8 1/1250 ISO200 -1/3)


(f8 1/1250 ISO200 -1/3)

いや美しいですね。
前翅よりも後翅の方が色が出やすいようです。


(f10 1/640 ISO400 -1/3)


(f10 1/320 ISO400 -1/3)

撮影したのは家のすぐ近くの小さな公園ですが、12月20日を最後にヤマトシジミの姿が消えたので、来年の春の楽しみが増えたと思っていたのですが…。
続きは次のエントリで書くことにします。

機材:
NIKON D500
AI AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8D
SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM(最後の2枚)

Related Post

ミヤマセセリ 2021.3.10
views 47
コツバメの発生から3日、何とかコツバメの姿を確認して写真を撮れたのですが、頭が隠れているなど証拠写真レベルだったので紹介はなし。 とはいえ、一応ホッとしたのと風が強かったので、この日はスギタニルリシ...
HE IS LEGEND (2)
views 45
今月6日、我々と共に2021年を迎えたヤマトシジミ君と再会を果たしてから、11日が経ちました。 晴れていても曇っていても、ほぼ毎日様子を見に行っていますが、その後姿を見ていません。 で...
HE IS LEGEND 2021.1.6
views 105
まさか、前のエントリをアップした翌朝に、こんな事が起こるとは予想もしていませんでした。 年が明けて1日、2日、そして3日と、「もう居ない。」と理解はしているのに諦め切れず、毎朝仕事の帰りにい...
The Last Yamatosijimi
views 54
昨年12月20日、仕事帰りに家の近くの公園を覗くと、最後の生き残りであったヤマトシジミ♂の姿を確認、スマホで証拠撮りをしましたが一眼を持って来た時には姿がありませんでした。 ...

2 thoughts on “青い衝撃 2020.12.10

  1. ヤマトシジミ美しいですね。決して
    侮れないです。写真の撮り方ひと
    つで色合いがかなり違って来ます
    ね。12月20日まで見られたので
    すか。かなり遅い記録ですね。

    1. Farfallaさん、ありがとうございます。
      蝶を撮り始めて10年ほど、北海道を除けばどこにでもいるヤマトシジミに、こんな秘密?が隠されていようとは思いませんでした。
      こてからは低温期型のオスを見かける度にこのブルーを狙おうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。