入間基地 2020.10.6

今年はファントムのラストイヤーで、茨城県にある百里基地には毎週ファンが詰め掛けているようです。

私も青い方のスペマを見ていないので、古巣の百里基地に行きたいのですが、やはり新型コロナのことを考えると自分の趣味の為に県外へ行くのは二の足を踏んでしまいます。
ならばと向かったのは、日本最後のYS-11達と、その後継機のU-680A、そして空自が領収したばかりのRC-2が見られる埼玉県の入間基地です。

目的は上に書いた3機種なのですが、結論を書いてしまうとこの日見られたのはU-680Aだけでした。

美しいラインに白と赤の点検隊カラーがマッチして、なかなか魅力的だなと思います。お腹が少しポッコリしていて、どことなく子持ちシシャモぽい姿は可愛いと言えるかもしれません。

このU-680Aですが、全長18.97m、翼幅22.05mとなかなか大柄な機体です。U-125が全長15.59m、全幅15.66mですから、完全に一回り大きくて、全長でいえばF-4やF-15に迫ります。

F-35A 全長15.67m 全幅10.67m
F-2A  全長15.52m 翼幅11.13m
F-15J 全長19.4m  翼幅13.1m

さて、U-125も撮れたので載せておきます。

こちらも可愛い機体でお気に入りです。
同じ空自のU-4も好きですし、米空軍のC-21Aも大好きでしたから、スマートな胴体に緩い後退翼(C-21A、つまりリアジェット35系は前縁にのみ後退角のある直線翼ですが。)のビジネスジェットの基本的なスタイルが好きなのかもしれません。

 

この日は晴れの予報にもかかわらず時々日が差す程度でストレスがたまりましたが、赤白のT-4とノーマル塗装のT-4がGCAなどで何度も飛んでくれ、タッチアンドゴーも繰り返してくれたので枚数は撮れましたね。

RWYに向かってTAXIして来たT-4です。
排気管というのか、エキゾーストパイプというのかテールパイプというのか、良い色に焼けているのがとても印象的でした。材質が何なのか気になります。

やはり天気が…。
この日はエアーバンド受信機に入間基地の周波数をサーチさせていたので、GCAの誘導も聴けて新鮮でした。普段はタワーに固定していますが、こういうのもいいですね。

 

残り約10機と言われているC-1です。現役時代は随分お世話になった機体ですし、C-1がいなくなると寂しくなりますね。
あまり日が差さないのでメラメラもあまり出ず、転がりを撮るには良い日だったかもしれません(笑)

 

最後にC-130Hです。
もう1機いたような気がするのですが…。シャッタースピードを目一杯落として、綺麗なドーナツが出来たと思ったら…。外側のペラは回転数が低いみたいですね…。

機材:
NIKON D500
AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR

 

追記

今年はモチベが上がらずブログの更新も滞りがちですが、近場の公園でヤマトシジミとかをチマチマ撮ってはいます。
そのうちアップしますが、1枚だけ先行公開しておきます。

Related Post

入間基地航空祭 2015.11.3
views 193
今年も入間の航空祭に行ってきました。 そして今年も、基地には入らず外からの撮影です。 人混みに揉まれたくないですからね。 カメラはいつものD800Eに、レンズは悩んだ結果TamronのS...
入間航空祭(2) 2018.11.3
views 54
続いて、ブルーインパルス以外の写真です。 簡単に、写真のみ紹介します。 歌舞伎塗装のC-1も、なかなか綺麗に撮ることが出来ました。 ...
入間航空祭(1) 2018.11.3
views 66
入間航空祭の本番です。 入間基地は埼玉県にあるのですが、航空祭は毎年11月3日に開催されています。 実はこの11月3日、関東の晴れの特異日でして、毎年素晴らしい青空の下航空祭を満喫できます...
岐阜基地 2017.11.21
views 65
岐阜基地航空祭は残念な天候でしたが、2日後の火曜日に基地近くの公園で撮影しました。 何といっても撮りたかったのは、F-4EJのデジタル迷彩です。 青空の下で綺麗な写真を撮りたいと思っていた...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。