2月中旬のムラサキ兄弟 2020.2.13

日付が前後しますが、2月13日に撮影したムラサキ兄弟の写真を紹介します。

暖冬といいつつも、埼玉県北部では氷点下まで気温が下がる日もあります。2月に最低気温が氷点下となったのは、12日までの7日間もあり、特に7日にはマイナス5度という厳しい冷え込みとなりました。

マイナス5度もの冷え込みを経て、ムラサキ兄弟は果たして生き延びているのか、特にムラサキツバメはどうなったのか気を揉んでいました。北海道遠征前に見に行きたいと思っていたのですが、13日が最高気温20度という陽気だったので出掛けてみました。

10時前にポイントに着いてみると、ムラサキツバメ達の塒はもぬけの殻で、全く蝶の姿がありません。気温はまだ11度、まだまだこれからだと待っていると、30分程してやっと1頭が姿を見せました。

ムラサキシジミです。
落ち葉を背景に撮ると、後ろはかなりボケているのに主役が目立ちません。

オスでした。
美しい青紫の輝きです。

大写しトリミングするとこんな感じです。

これが、暖冬だったとはいえ冬を乗り越えて、つい先日マイナス5度の冷え込みに耐えた輝きなのだと思うと、感動してしまいました。

そして、思わず「良く頑張ったなぁ。」と口に出していました。人間なら間違いなく凍死する冷え込みにこんな小さな蝶が耐えて、そして子孫を残すんです。その生命力の強さとに驚くと同時に、「成虫越冬」とは、より良い子孫を残す為の淘汰の仕組みなんだろうかと考え込んでしまいました。

気温が上がって来ると、何とムラサキツバメのオスも姿を見せました。以前から被写体になってくれている個体です。
ムラサキツバメは駄目なのではないかと思っていたので、この子の登場も嬉しかったですね。

あまり近付かせてはくれませんでしたが、メスも姿を見せてくれました。

ただ残念なことに、あの「別嬪さん」が行方不明です。塒は崩れてしまい、1頭で頑張っていた主はもうそこに居ませんでした。
ですが年を越してもあの美しさを維持していた個体です。どこかに引越しして健在なはずだと思うことにしました。

 
その後ムラサキシジミのメスも登場しました。

こちらもオス同様、冬を乗り越えたにしては美麗な個体です。オスより淡めのブルーがまた綺麗ですね。

 
キタキチョウも姿を見せてくれました。

キタテハやヒメアカタテハも見ることが出来たのですが、証拠写真止まりだったので割愛します。

撮影を終えて、最低気温マイナス5度を乗り越え、数こそ減ったもののなお美しさを誇示してくれたたムラサキ兄弟と、この日を含めてポイントに行く度にサポートして下さった「里山便り」のphotobikersさんに感謝しつつ、ポイントを後にしました。
photobikersさん、本当にありがとうございました。

 
おまけ。かくれんぼ。

機材:
NIKON D500
AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR

Related Post

大晦日の越冬蝶 2019.12.31
views 94
年末年始はずっと仕事だったKorielです。 大晦日に撮った写真の整理と現像がやっと終わったので、アップします。 好天に恵まれて気温も17度まで上昇した2019年最後の日、また埼玉県内の越...
1月下旬のムラサキ兄弟 2020.1.24
views 87
年が明けて埼玉北部の越冬蝶たちの様子が気になりつつも、なかなか行くことが出来ませんでしたが、大寒も過ぎた24日になってやっと撮影することが出来ました。 1月に入って氷点下まで気温が下がった日...
越冬中のムラサキ兄弟 2019.12.11
views 85
あけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いいたします。 年は明けましたが、まだ昨年の記事です(笑) 天気予報に泣かされた12/10の翌日、朝起きると私が住む埼玉南部は快晴、ポ...
キアゲハ 2019.4.5
views 55
暖かい1日でした。 埼玉のいつもの公園でツマキチョウを撮ろうと出掛けたのですが、姿は見ますが全くとまってくれず・・・。仕方がないので、他の蝶の写真を載せておきます。 本命に嫌われて、釣...

4 thoughts on “2月中旬のムラサキ兄弟 2020.2.13

  1. 流石ですね。 冒頭が最初に見つけた「イケメン」ですね。 越冬中といえど新生蝶に負けない輝き、遭遇するとテンションが上がりますね。 ORAGA里山の蝶達を丁寧に撮って戴いたのが、何よりの喜びです。
    今年のシーズンの始まりにもお越しください。 足元に30頭位降りてくるかもしれません。 (大笑い)

    春の蝶達も活動し始めたので楽しくなりますね。

    1. 里山便りさん、ありがとうございます。
      越冬するムラサキ兄弟をこんなに(と言う程の回数行ってませんが。)追い掛けたのは初めてで、色々勉強になりましたし、本当に楽しかったです。
      別嬪さんがその後どうなったのかが気掛かりですが、きっと元気でいるのだろうと思っています。
      本当にお世話になりましてありがとうございました。そしてまた越冬シーズンになったらよろしくお願いします。

  2. 2月中旬は一気に冷え込んでこちらのムラサ
    キツバメの越冬集団も消えてしまいました。
    やはり厳しいのですね。辛うじてムラサキシジ
    ミが生き延びています。
    ムラサキシジミは美しい個体ですね。ブルーの
    輝きがまぶしいです。

    1. Farfallaさん、ありがとうございます。
      ムラサキツバメには勿論、ムラサキシジミにとっても厳しかったのでしょうね。
      でも、どちらもオスメス揃って見ることが出来るとは思っていなかったので、本当に嬉しかったです。
      今日もコツバメの公園に行って来ましたが、2個体(たぶん)が遊んでくれました。
      どこかのフィールドでお会いするのを楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。