小樽市銭函のゼフィルス(2) 2019.7.10

札幌遠征の記事も残り少なくなりました。
翌日飛行機で帰る予定だったこの日は、銭函のカシワ防風林を再訪しました。

前回ここを訪れてからちょうど1週間、個体数も増えてたくさん飛んでいるだろうと思っていたところ・・・。天気も良く、最高気温25度という日だったのですが、なかなか蝶が見つかりません。
長竿でカシワの木を叩いても飛び出すゼフがほとんどいない・・・。

どういうことかと焦りながらある木を叩くと、ワサワサとたくさんのゼフが飛び出しました。どうやら、ポイント内の特定のエリアに集まっていたようです。
その飛び出したゼフの中に、オレンジっぽい個体がいたので注意して目で追うと、少し離れたカシワの葉にとまりました。

最初カシワアカシジミかと思ったのですが・・・ウラミスジシジミでした!
3年前に札幌市中央区の公園で見かけて以来、久しぶりの再会でしたが、感動する間もなく飛ばれてしまいました・・・。

その後、ポイントを歩き回っていると、カシワの葉で休むオレンジ色のゼフを発見・・・。

ウラミスジシジミの別個体でした。どちらも、前翅裏側の3本の銀白条が不規則に乱れるシグナータ型です。
それにしてもこの個体、乱れた銀白条が文字のように見えます。「T3」と名付けました。ターミネーター3か(笑)
 

ハヤシミドリシジミもボチボチ降りてきて開翅してくれました。
かくれんぼをするかのように葉の陰に隠れる個体もいれば、2枚目みたいに凄く可愛いシーンを撮らせてくれた個体もいて、楽しめました。擦れたり尾状突起が無くなっている個体もいましたが、波照間島の海で見たようなマリンブルーの輝きは、やはり美しかったです。

ちなみに、沖縄県の八重山諸島にある日本最南端の有人島、波照間島で見た海はこんな感じでした。


 

ウラジロミドリシジミも擦れた個体が多かったですが、まずまず綺麗な個体が美しい翅表を見せてくれて楽しめました。


 

ハヤシミドリシジミなどのような輝きはないですが、ウラジロミドリシジミのしっとりしたブルーグリーンもとても綺麗ですね。
Twitterでとある方が「ネオンのような」と書いておられましたが、確かにそんな雰囲気があるかもしれません。


 

中にはこんなに痛んだ翅の個体もいました。私は普段、ここまで傷んだ個体は撮りません。何だか切なくなってしまいます。
でも、この子が私の前で何度も何度も開翅するんです。まるで、「俺が短い人生を必死で生き抜いた証を遺してくれ。」とでも言いたげに。なので、特別出演です。

でも、傷ついてなおこのブルーグリーンは美しいですね。


 

ちょっと遠かったのですが、ウラジロミドリシジミの求愛行動も観察出来ました。
残念ながらこの求愛は成就せず、残念でした。

機材:
D500+AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR

Related Post

小樽市銭函のゼフィルス(1) 2019.7.3...
views 140
今年も北海道にやって来ました。 初日の今日は、銭函のカシワ防風林で蝶を探しました。 天気は曇り、最高気温18度と厳しめな条件でしたが、ポイントに着いてすぐ1頭のゼフを見つける事が出来ました...
小樽市銭函のゼフ(2) 2018.7.17
views 232
北海道遠征最後のエントリです。半年放置しましたがやっと終わります。 いよいよ関東に帰る前日、どこに出掛けるか考えるまでもなく、銭函へ向かいました。 何しろ、相性の悪い?ウラミスジシジミも、...
小樽市銭函のゼフ(1) 2018.7.12
views 281
 この日は銭函のカシワ防風林に行ってきました。  目的は、カシワ食いのゼフ、つまりウラミスジシジミ、ハヤシミドリシジミ(以下ハヤシ)、ウラジロミドリシジミ(以下ウラジロ)、そしてカシワアカシ...
札幌のゼフィルス① 2016.7.8
views 495
 避暑を兼ねて今年も北海道にやってきました。  今回は、札幌でゼフを中心に探したいなと思っています。  まずは、少年時代の遊び場だったM公園に行ってみました。  とは言っても、どこがどの...

2 thoughts on “小樽市銭函のゼフィルス(2) 2019.7.10

  1. 札幌のゼフ十分堪能されましたね。
    最後の銭函でウラミスジのシグナータ
    ハヤシミドリ、ウラジロミドリと揃いました。
    ウラジロミドリの翅の輝きがまた、何とも
    言えません。

    1. Farfallaさん、ありがとうございます。
      実はあと1回だけあります。
      この日の銭函は、記事にも書いたとおりなかなかゼフを撮れず焦ったのですが、結果はバッチリで楽しかったです。ハヤシミドリのマリンブルーに輝く時が凄く好きですが、ウラジロミドリのしっとりした感じも堪りませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。