白いエゾリスと仲間たち(1) 2019.3.4

今回は蝶ではありません。

なかなか現像が進まず、特にヒゲのジャギーに悩んでしまっているのですが。
それでもまぁまぁ満足出来る写真が溜まってきたので、何回かに分けてアップしていこうと思います。

私がこの呟きを見たのは、北海道から戻って間もない2月22日でした。
「アルビノのエゾリスなんているのか!」と驚いた私は、すぐにグーグルで検索してみたのですが。同じようにググればすぐどこに住んでいるリスか分かるので、載せておきますね。

このサイトの記事が決め手となって、またTwitterで現地の情報を教えてくれる方もおり、撮影の目処がついたのでその日のうちに飛行機と宿を予約してしまいました。

3月3日、羽田からAirDoのB737(JA16AN)で帯広空港へ。
このJA16AN、ANAで8年前に背面飛行をやらかした機体です・・・。

帯広空港では、展望ラウンジから自分の乗ってきた機体などを少し撮影したのですが・・・この空港は展望ラウンジが屋内しかなく、ガラス越しの撮影だったので結構きつかったですね。

*******

そして翌4日朝、本当にアルビノのエゾリスはいるのかと、どきどきしながらタクシーで帯広畜産大学に向かいました。
この日の天候は晴れ、最低気温-3.6度、最高気温8度と、北海道の3月にしては暖かい(帯広のこの日の平年値は最低-9.4度、最高1.6度です。)1日でした。

白いエゾリスが出てくるのを待つ間、キクイタダキやシマエナガなどが、暇を紛らわせてくれました。


 

そうこうしていると、とうとう「帯広の白いやつ(ガンダム風味)」が現れました。
ほぼ真っ白な毛並みに赤い目・・・ふさふさの尻尾を除けば、子供の頃学校で飼っていたウサギのような姿です。

エゾリスはこれまで何回も撮っていますが、ずっと1匹のエゾリスを追いかけていると、思いの外色々な仕草や表情を見せてくれて本当に可愛いです。ましてやそのエゾリスが、アルビノで真っ白なんですから。

下の1枚は、この日に撮った中でもかなりお気に入りです。

帯広はもともと雪が少なめですが、今回はびっくりするほど雪が少なかったです。
そんな中、雪が溶けた地面はもちろん、雪の上からでも秋に隠した胡桃を探し出すのには感心しました。そうやって掘り出した胡桃を咥えて木の上に登っては、ガリガリゴリゴリと殻を割って食べている様子もとても可愛かったです。


 

木の幹に掴まっている姿も、後ろ向きでも、後ろ脚で立っている姿も、とにかく全部可愛い。


 

そんな中でも、これは何かに似ているぞ???と思ったのがこの1枚です。

頭に浮かんだのはコトトロです。

「となりのトトロ」の本来の設定では、トトロたちにもちゃんと名前があって、どうやらミミズクをイメージしたキャラらしいというのは知っています。でもこの後ろ姿を見ると・・・私には白いエゾリスこそコトトロだとしか思えなくなってしまいました。
この姿を見れば、誰でも「コトトロ=白いエゾリス」説を提唱したくなるのではないでしょうか。
 

下の写真のように、片手を付いた姿も良く見せてくれました。
まるで相撲の立ち会いみたいです。


 

尻尾の毛繕いからの、アイーン・・・みたいなコミカルな動きも撮影することが出来ました。


 

木の幹の影から向こう側を伺う様子も、こちら側からは丸見えなわけで、そのユーモラスな姿に自然と笑顔になってしまいます。


 

こんなに白くて目立つのに、木の枝の上でウトウトしてしまうこともあります。
眠くて眠くて堪らないのは分かりますが、良く今まで生きてこられたものです・・・。

エゾリスの活動時間帯は季節によって変わり、冬期間は主に朝に活動するそうですが、この日はまさにそのとおりでした。
ぴったり午前10時頃には巣に帰っていきました。そして、この日から5日間、それは変わることがありませんでした。

白いエゾリスに会えた喜びにほくほくしながら、私も帯広畜産大学を後にしました。
その後、帯広市内の公園でエゾモモンガの撮影に挑戦したのですが、その件は後日別エントリで紹介したいと思います。
(続く)

機材:
D500+AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR

Related Post

白いエゾリスと仲間たち 2019.5.10-16
views 32
3月に続いて5月も撮影に行って来ました。 が、撮影枚数のあまりの多さに現像で飽きてしまい、そうこうするうちにゼフのシーズンになって後回しに。少しずつ処理していたらこんなに経ってしまいました。 ...
白いエゾリスと仲間たち(2) 2019.3.5...
views 131
続きです。 帯広には5泊6日の滞在でしたが、大きく天気が崩れることもなく、暖かかったこともあって撮影に集中出来ました。 この日も晴れベースの天気で、最低気温-1.6度、最高気温7.5度と暖...
函館のエゾリス 2019.2.10
views 42
2月9日に函館に移動して、翌10日と11日は函館の市内でシマエナガを探してみました。 結果シマエナガには会えませんでしたが、エゾリスがたくさんいてビックリ。 4~5頭が追いかけっこをしたり...
カラスシジミ(初見) 2018.7.3
views 135
 避暑を兼ねて北海道に遠征しています。  出発の日、空港に着いてみると、乗るはずの便が欠航・・・。  出鼻を挫かれてしまいましたが、幸い千歳行きは便数も多いので、スマホから1時...

2 thoughts on “白いエゾリスと仲間たち(1) 2019.3.4

  1. 素晴らしい映像ですね。それと ‘Korielさん’ の決断力も素晴らしいです。鳥の白化は撮影したことが有りますが、アルビノは見たことがないのに、エゾリスのアルビノですか、遭遇した時の ‘Korielさん’ がテンションが上がったのが、掲載映像やコメントから伺いしれます。’キクイタ’ や ‘シマエナガ’ さえ撮影が難しく、貴重なのに影が薄れてしまいましたね。 ヤバイですね! 何枚撮っても、いいものを撮ったなと言う感じでしょうね。 癒しの映像を見て楽しみます。

    1. 里山便りさん、ありがとうございます。
      エゾリス自体可愛いのに、アルビノの白いエゾリスだなんてそれは絶対見に行かなくてはと、即予約してしまいました。野生のエゾリスは2~3年くらいしか生きられないと読んだので、この機会を逃せば二度とチャンスはないだろうというのも大きかったと思います。
      本当は真っ白な雪の中での姿をもっと撮りたかったですが、それは仕方ないですね。
      実は来月も飛行機と宿を予約してしまったので、また会いに行って来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。