トラフ3兄弟 2019.3.28

今月25日にいつもの公園でトラフシジミの全開翅を撮影して以来、この公園では3日連続でトラフが開翅サービスをしているのだとか。

ならば、私も再びあのメタリックブルーを撮ってやろうと、11時前に現地に到着しました。
「上の」アセビポイントにまず行ってみるも、いるのはコツバメなど。ヒサカキにも姿なし。ユキヤナギを覗いてみると、ベニシジミが食事中でした。

11時を回ってから、アセビにトラフシジミが飛来して吸蜜を始めました。
鳥にやられたのか、後翅が傷んでいます。

葉の下にもぐっている時、後翅をスリスリすると表側のメタリックブルーが見えました。
日影でなければ、綺麗な色が出たかもしれませんね・・・。

この個体が飛び去った後、すぐに別の個体が飛来してアセビで吸蜜を始めました。

この個体は前翅に痛みがありましたが、コツバメのように太陽に向けて身体を傾けたり、タテハチョウのように4本脚で立ってみたり、最後には良い色は出なかったものの半開翅も見せてくれました。

最後の個体は、2頭目が飛び去ってすぐ、12時前に姿を見せました。
前の2頭と違って翅に痛みもなく、まずまず綺麗な個体でしたが、8分ほど食事をして姿を消しました。

お昼を過ぎると雲りがちの天気になってしまい、何度か「御神木」からトラフシジミが舞い降りてきたりはしたのですが、アセビにはとまりませんでした。

この公園では過去数年、トラフシジミの個体数が減っていましたが、今年はこのポイントだけで3個体を確認することが出来ました。昨年も結構トラフシジミの姿を見ることが出来ましたし、来年以降に期待してしまいます。

というわけで、これらのトラフシジミが兄弟(メスがいた可能性も否定出来ませんが・・・。)かどうかは分かりませんが、トラフが3頭・・・と考えていると20年ほど前(もうそんなに経ちましたか・・・。)に流行った歌を思い出してしまったので、そのタイトルをお借りしてみた次第です。
ツマキチョウも発生したようですし、まだまだ楽しい春の季節が続きますね。

Related Post

キアゲハ 2019.4.5
views 34
暖かい1日でした。 埼玉のいつもの公園でツマキチョウを撮ろうと出掛けたのですが、姿は見ますが全くとまってくれず・・・。仕方がないので、他の蝶の写真を載せておきます。 本命に嫌われて、釣...
トラフシジミの不思議なブルー 2018.3.26...
views 152
 昨日はいまひとつ体調が良くなくて、帰宅後はブログの更新をせずに早寝してしまいました。  昨日撮ったトラフシジミの写真の中に、不思議なブルーを浮かび上がらせた個体が写っていたので、紹介したいと思いま...
トラフシジミ夏型 2015.6.20
views 144
この週末はキマダラルリツバメを撮りに福島方面へ遠征していた方が多いようです。 可愛らしい蝶なので、私も来年は少し休暇を取ってのんびり出かけてみたいです。 さて、そんな私は先週に引き続きオオムラ...
トラフシジミ 2019.3.25
views 91
私が蝶をメインに撮り始めてから、ちょうど7年程でしょうか。 右も左も分からずに蝶を撮るうちに、いくつかの夢が出来ました。 一番は、ミドリシジミの仲間を撮りまくること。これは現在進行形ですが...

4 thoughts on “トラフ3兄弟 2019.3.28

  1. トラフシジミ連日楽しませてくれているよう
    ですね。レンギョウ、スイセン、サクラとす
    ごいですね。それにしても数日で痛々しい
    翅の痛み、鳥の被害なのでしょうか。悲しい
    自然の現実ですね。

    1. Farfallaさん、ありがとうございます。
      この公園のトラフは、昨年も行けば見られる状況でしたが、今年はさらに個体数が多かった気がします。来年以降も個体数が回復していけば嬉しいのですが、どうなることやら。
      綺麗だったり傷んでいたり、会えたり会えなかったり、色々と欲が出てしまうのは普通のことですが、自然の生き物を被写体にしている以上は仕方のないことですね。
      今回は傷んだ個体もしっかり撮影したことで、3個体いたことを確認出来て良かったなと思います。

  2. トラフシジミが痛々しいほど傷んでいますね。 僅か何日かでこんなに変わるとは思いませんでした。 今日浅間の煙さんが最後の日となるので、ご挨拶がてら現場を覗きましたが、やはりメジロ、シジュウカラが入り込み、まったく見ることが出来ませんでした。 大部分は食されてしまったのでしょうね。 最後の1頭が無傷で救われましたね。 彼方此方に散ってしまったのも事実でしょう。 ミツバウツギやハルシオンが咲くまで、トラフシジミはお預けでしょうか?

    1. 里山便りさん、ありがとうございます。
      私も、たった3日の差でここまで傷んでいるとは思っていませんでした。開翅は撮れたものの、今年も交尾を撮るチャンスがなかったのも少し残念です。
      また来年の楽しみに取っておこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください