この日は銭函のカシワ防風林に行ってきました。

 目的は、カシワ食いのゼフ、つまりウラミスジシジミ、(以下ハヤシ)、(以下ウラジロ)、そしてカシワアカシジミ(キタアカシジミ)です。
 このうちウラミスジシジミを除く3種は未見の蝶なので、期待せずにはいられません。しかも、ハヤシとウラジロは、翅表が美しいブルーに輝く美麗種ですから、青が好きな私としては何としてもこの目で見たい蝶です。

 この日の札幌周辺は晴れで、最高気温は27度を超える、北海道にしては蒸し暑い日でした。それまで最高気温20度前後だったので、すっかり北海道モードに戻った私は汗だくで撮影する羽目になりました。

 午前7時過ぎにポイントに着くと、叩き出しをするまでもなくハヤシとウラジロがあちこちで見つかりました。

 どちらも初見の蝶ですが、ウラジロの翅裏は本当に白いのが印象的でした。太陽光が当たると、鱗粉などがキラキラ輝いてとても綺麗でした。

 とはいえ、この2種は何としても翅表を撮りたい。が、気温が高いためになかなか開翅してくれません・・・。やっと1頭だけ半開翅してくれるハヤシを見つけましたが、暑いのかすぐ葉陰で涼もうとします。

 そしてさらに悲しかったのが、ウラミスジシジミとカシワアカシジミが影も形も見られなかったことです。先に書いておきますが、後日このポイントを再訪した際も、見つけられたのはハヤシとウラジロだけでした・・・。

機材:
D800E+SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM
D7200+AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR

 このエントリーに載せた写真は全てカメラ内現像/トリミングした仮のもので、今後差し替える予定です。

Related Post

小樽市銭函のゼフィルス(2) 2019.7.10...
views 466
札幌遠征の記事も残り少なくなりました。 翌日飛行機で帰る予定だったこの日は、銭函のカシワ防風林を再訪しました。 前回ここを訪れてからちょうど1週間、個体数も増えてたくさん飛んでいるだろうと...
小樽市銭函のゼフィルス(1) 2019.7.3...
views 563
今年も北海道にやって来ました。 初日の今日は、銭函のカシワ防風林で蝶を探しました。 天気は曇り、最高気温18度と厳しめな条件でしたが、ポイントに着いてすぐ1頭のゼフを見つける事が出来ました...
小樽市銭函のゼフ(2) 2018.7.17
views 506
北海道遠征最後のエントリです。半年放置しましたがやっと終わります。 いよいよ関東に帰る前日、どこに出掛けるか考えるまでもなく、銭函へ向かいました。 何しろ、相性の悪い?ウラミスジシジミも、...
残暑御見舞申し上げます
views 9
残暑御見舞申し上げます。Korielです。すっかり更新が止まってしまいましたが、生きております。   7月は、あまりの暑さに完全に引き籠もっていましたが、8月は結構写真を撮っ...

2 Replies to “小樽市銭函のゼフ(1) 2018.7.12”

  1. 札幌でも、大汗かくことがあるんですね・・・
    ハヤシミドリシジミもウラジロミドリシジミも
    とても綺麗な子!!
    ウラジロさんは、本当に白が際立っているのですね!
    見られなかった子のことは残念ですが、
    自然相手ってほんと難しいですよね。
    でも、想いを強くもっていれば
    いつかきっと叶うと思います!!

    1. Sippo☆さん、コメントありがとうございます。
      私は元々札幌出身で暑さに弱いのもありますが、札幌滞在前半は殆ど晴れる日がなく最高気温20度以下の日もあったほどで、そこから27度は結構暑く感じました。
      自然相手の趣味は、なかなか思うようにならないからこそ長く楽しめると思っています。今回はハヤシミドリシジミとウラジロミドリシジミに会えたことを感謝して、また次挑戦したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。