ヒメシジミ 2018.6.17-18

 福島県奥会津のキマダラルリツバメ(以下キマルリ)のポイントでは、大量のヒメシジミが乱舞しています。

 どれくらい多いかといえば、一番密度の高いエリアでは、1平方メートルに10頭くらいいるんじゃないかというくらい多い。
 でも、ここでの主役はあくまでキマルリで、ヒメシジミは完全に脇役というか、存在を無視されている始末・・・でも、良く見ると結構綺麗な蝶なんです。

 かくいう私も、キマルリを探す合間に綺麗な個体がいればちょっと撮っておく、くらいの比重でしかないので、大したショットは残っていないのですが、いくつか紹介したいと思います。

 オスで目を引くのは、翅表のブルーなんですが、実は翅裏の付け根付近もブルーなんです。
 個人的にここのブルーが結構お気に入りで、橙紋とのコントラストもあって結構綺麗だなと思っています。

 ヒメシジミはキマルリに先駆けて発生するので擦れた個体が多いのですが、それなりに綺麗な個体もいるので選んで撮影しました。

 何しろ個体数が多いので、少し探せばというより、あえて探そうとせずとも交尾個体が目に入ります。

 そしてやはり何しろ個体数が多いので、交尾中のメスに言い寄ろうとするオス、所謂「お邪魔虫」も多数いるわけで・・・最後のショットでは手前に1頭オスが写っていますが、良く見ると奥側にも1頭別のお邪魔虫が・・・。個体数が少なくてもお相手を探すのが大変でしょうが、逆に多すぎても色々苦労が絶えなそうだなと苦笑いしつつ、メインディッシュの後のデザートみたいな撮影を楽しむことが出来ました。

 撮影機材:D7200+AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR
      D800E+SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM
 
 

Related Post

雑木林のレストラン 2019.5.22-23
views 41
昨年、「てくてく写日記」のBANYANさんに、アカシジミがガマズミの花で吸蜜すると教えて頂いてから、是非そういうシーンを撮りたいものだと思っていました。昨年は結局その機会に恵まれなかったのですが、やっ...
ウラナミアカシジミ 2019.5.23
views 63
埼玉県内では、ウラナミアカシジミも羽化し始めました。 ウラゴマダラシジミ発生の知らせも届きましたし、いよいよゼフィルスの季節本番という感じでしょうか。 そろそろウラナミアカシジミも発生する...
アカシジミ 2019.5.19
views 51
ゼフィルス探索2日目、どこに行こうか朝になっても悩んでいましたが、結局前日と同じポイントに出掛けました。 目的は2つ。 アカシジミの吸蜜を撮ることと、私のメインレンズ150mmマクロでしっ...
アカシジミ 2019.5.18
views 85
とうとうこの季節がやってきました。 ゼフィルスの季節です。 ゼフィルスとは、分類学のレベルが低かった時代に、樹上性のシジミチョウの仲間を総括してZephyrusと呼んでいたのが始まりで、語...

2 thoughts on “ヒメシジミ 2018.6.17-18

  1. ヒメシジミはとても可愛い蝶ですね。
    表のブルーも良いですが、私は雄の閉翅が好きです。
    特に縁毛がふさふさの新鮮な雄のブルーがかった色合いが綺麗ですね。

    1. fushiginomoriさん、コメントありがとうございます。
      ヒメシジミ可愛いし綺麗ですよね。
      私もこの翅裏の青が大好きです。
      ただ、このポイントではどうしてもキマルリにばかり目が行ってしまうので、もの凄くたくさんいるのにあまり落ち着いて撮ってあげられません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください