ヒメシジミ 2018.6.17-18

 福島県奥会津のキマダラルリツバメ(以下キマルリ)のポイントでは、大量のヒメシジミが乱舞しています。

 どれくらい多いかといえば、一番密度の高いエリアでは、1平方メートルに10頭くらいいるんじゃないかというくらい多い。
 でも、ここでの主役はあくまでキマルリで、ヒメシジミは完全に脇役というか、存在を無視されている始末・・・でも、良く見ると結構綺麗な蝶なんです。

 かくいう私も、キマルリを探す合間に綺麗な個体がいればちょっと撮っておく、くらいの比重でしかないので、大したショットは残っていないのですが、いくつか紹介したいと思います。

 オスで目を引くのは、翅表のブルーなんですが、実は前翅裏側の付け根付近もブルーなんです。
 個人的にここのブルーが結構お気に入りで、橙紋とのコントラストもあって結構綺麗だなと思っています。

 ヒメシジミはキマルリに先駆けて発生するので擦れた個体が多いのですが、それなりに綺麗な個体もいるので選んで撮影しました。

 何しろ個体数が多いので、少し探せばというより、あえて探そうとせずとも交尾個体が目に入ります。

 そしてやはり何しろ個体数が多いので、交尾中のメスに言い寄ろうとするオス、所謂「お邪魔虫」も多数いるわけで・・・最後のショットでは手前に1頭オスが写っていますが、良く見ると奥側にも1頭別のお邪魔虫が・・・。個体数が少なくてもお相手を探すのが大変でしょうが、逆に多すぎても色々苦労が絶えなそうだなと苦笑いしつつ、メインディッシュの後のデザートみたいな撮影を楽しむことが出来ました。

 撮影機材:D7200+AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR
      D800E+SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM
 
 

Related Post

札幌のゼフとオオムラサキ 2018.7.14
views 11
 この日の札幌は曇り後晴れ、気温27度で湿度が高く、やや蒸し暑い日でしたが、藻岩山に行ってみました。  ロープウェイとミニケーブルカー「もーりすカー」を乗り継いで山頂から下山するつもりだった...
小樽市銭函のゼフ(1) 2018.7.12
views 76
 この日は銭函のカシワ防風林に行ってきました。  目的は、カシワ食いのゼフ、つまりウラミスジシジミ、ハヤシミドリシジミ(以下ハヤシ)、ウラジロミドリシジミ(以下ウラジロ)、そしてカシワアカシ...
札幌のゼフ(4) 2018.7.11
views 101
 三角山に2日連続で行ったあと、旭山公園にも行ってみたのですが特筆すべき成果なく、この日また三角山に出掛けてみました。  メスアカミドリシジミ(以下メスアカ)のメスを撮ったポイントに行ってみ...
札幌のゼフ(3) 2018.7.8
views 86
 三角山からの下山最後の行程は、登りの時に間違って通った道を選んでみました。  すると、ちょっとした空き地の5mくらいの高さで盛んにスクランブルするゼフを見つけました。 ...

  1. ヒメシジミはとても可愛い蝶ですね。
    表のブルーも良いですが、私は雄の閉翅が好きです。
    特に縁毛がふさふさの新鮮な雄のブルーがかった色合いが綺麗ですね。

    1. fushiginomoriさん、コメントありがとうございます。
      ヒメシジミ可愛いし綺麗ですよね。
      私もこの翅裏の青が大好きです。
      ただ、このポイントではどうしてもキマルリにばかり目が行ってしまうので、もの凄くたくさんいるのにあまり落ち着いて撮ってあげられません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。