スジボソヤマキチョウ(初見) 2018.5.1

 白馬でギフチョウとヒメギフチョウを追いかけていたときのお話です。

 浅間の煙さんが、写真を撮っておられたので近付いてみると、レモンイエローの蝶が飛び立ちました。
 モンキチョウでもなければキチョウの感じでもなく、「あれ何ですか?」と聞いてみると「スジボソヤマキチョウ」との答えが・・・。
 えええ!と急いで追いかけると、幸いそう遠くないカタクリに止まってくれました。


(D7200+AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR)

(D7200+AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR)

 ヤマキチョウとスジボソヤマキチョウはまだ見たことがない蝶で、とても興味があったのですが、その片方を意外な形で観察することが出来ました。越冬個体ということでかなり痛みはありましたが、翅表の綺麗なイエローに橙色の星が入るその姿は、とても美しい蝶でした。
 こういう想定外の出会いは、本当に嬉しいですね。
 

 こうして今回スジボソヤマキチョウを見ることが出来たので、ヤマキチョウも見てみたくなりますし、痛みのないスジボソヤマキチョウも見たいところですね。

 まずは、来週にも発生が始まるアカシジミを先頭に、、オオミドリシジミにフジミドリシジミといった蝶を関東で楽しんで、7月には北海道でゼフィルス、特に今回はキタアカシジミ、ムモンアカシジミ、、さらにエゾミドリシジミ、アイノミドリシジミ、ハヤシミドリシジミ、ウラジロミドリシジミなどなどを狙いたいのですがどうなることやら。
 8月は、道産子の私にとって気温が高すぎて撮影に出られない季節なので、避暑を兼ねてヤマキチョウ探索に出掛けるのも良さそうです。

 にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ

Related Post

アカシジミ 2017.5.22
views 186
 埼玉県内でアカシジミが発生したとの便りがあったので、早速出かけてみました。  目的地は家からバスで20分程で行けるお寺とその周辺です。  数は多くありませんでしたが、この日午前中の3時間...
白馬のギフとヒメギフ 2018.4.30-5.1
views 573
 裏高尾を満喫した2日間のあと、白馬へ行って来ました。  白馬といえば、若い頃スキーに狂っていた私にとって冬に行く場所でしたが、今ではすっかり春に行く場所に変わってしまいました。目的は、ギフ...
コムラサキ 2021.6.1
views 64
今年は何とかミドリシジミの開翅が撮れたので、この日はミドリシジミのメスとコムラサキに期待して埼玉県南部のポイントに出掛けました。 が、勤務明けで遅かったせいかミドリシジミは全くの期待外れ。...
ウラゴマダラシジミ 2021.5.24
views 76
ウラゴマダラシジミのメスを撮っていないので、もう擦れた個体しかいないのだろうなと思いつつも、15日と同じポイントに出かけた。 着いてみると、前回ウラゴマダラシジミを撮影した辺りのイボタノキは...

2 thoughts on “スジボソヤマキチョウ(初見) 2018.5.1

  1. ヤマキチョウは越冬後も綺麗ですが、スジボソはボロボロです。
    もっと色が抜けて破損したりしているので、これは越冬後にしては綺麗な方だと思います。
    カタクリ吸蜜もいいですね。
    今年はゼフの発生も難しそうで困ったものですね。

    1. BANYANさんありがとうございます。
      フィールドガイド「日本のチョウ」で見てみたら、本当に茶色っぽくなってボロい感じになってしまうのですね。浅間の煙さんがいなければ見逃していたかもしれませんし、色んな意味でツイていまいた。
      ゼフの発生は、本当にどうなるんでしょうか。近場での一昨年のアカシジミ初見が18日、その前年が16日なので、早めに覗きに行ってみようと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。