ルリボシカミキリ 2017.7.6

先日初めて見つけたルリボシカミキリをまた見たくて、埼玉中部のいつもの公園に行って来ました。
いつもサボり気味ですが、今回は夏風邪で3日ほど寝込んだのでアップが遅くなりました。

今回狙っていたのは、ずばり至近で撮影したルリボシカミキリのシャープな写真と、可能であれば飛び立つ瞬間の写真です。
その結果・・・

このような写真を撮ることが出来ました。
葉の上で歩き回るルリボシカミキリ

飛び立つ瞬間のルリボシカミキリ

2枚ともまずまずシャープで、お気に入りのショットになりました。
2枚目の写真は、本当は前から撮りたかったのですが、このアングルだとほぼ全体にピントが合っていて、これはこれで素晴らしいと納得しています。

少し困ったのが、この個体の大きさです。
ルリボシカミキリの体長は16-30mmと書いてある資料が多いのですが、この個体はそれより大きく、ヤマトタマムシとほぼ同じ大きさに見えました。縦長ですらりとした雰囲気の、いかにも中型のカミキリらしい個体は多く見たのですが、この個体は明らかに横幅もゴツく、頭部や胸部も作りがゴツかったです。
何しろこの個体は最初私の頭にとまり、滑り落ちて私の足下で観察出来たので、見間違いではありません。

詳しい方なら撮影時の焦点距離と、センサーサイズ、そしてレンズ(150mmマクロ)から大凡の体長が導き出せるのかもしれませんが、私には無理です。
もちろん、撮影後の写真に物差しをあてる訳にもいきません。
そこで、この個体が乗っていた葉に1円玉(直径2cm)を載せて撮影しておきました。


下の写真はブレているので、単体だと単なるボツ写真ですが、比較するには格好の1枚です。
露出に差がかなりありますが、傷の様子などから見て間違いなく同じ葉です。
1円玉と比べると・・・どうでしょう・・・30mmは確実に超えている気がしますが・・・と思ってネットを調べていると、30mmを超える個体は意外と多い?らしいことを知りました。

なので、個人的には、かなり大きい個体を見たらしい、というところで満足しています。
ちなみに、この日は少なくとも3個体を同時に見ることが出来て、充実した1日になりました。

機材:
D800E + SIGMA APO MACRO 150MM F2.8 EX DG OS HSM
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ

Related Post

美し過ぎる甲虫たち 2020.6.17-7.16
views 66
オオムラサキの羽化も終わり、関東の平地での蝶の撮影が落ち着くこの時期は、梅雨で蒸し暑いこともあって例年札幌にゼフを撮りに行っているのですが、今年は新型コロナの関係で自粛です。  ...
ルリボシカミキリ(初見) 2017.7.2
views 357
7月6日のルリボシカミキリのエントリをアップしたら、Related Postsに7月2日の初見のエントリが出ていない。 おかしいではないかと良く見ると、肝心のそのエントリがどこにもありません。 ...
アカシジミ 2019.5.19
views 111
ゼフィルス探索2日目、どこに行こうか朝になっても悩んでいましたが、結局前日と同じポイントに出掛けました。 目的は2つ。 アカシジミの吸蜜を撮ることと、私のメインレンズ150mmマクロでしっ...
オオセイボウ 2020.7.27
views 2
前回撮影したオオセイボウ(大青蜂)の美しさに完全にヤラれてしまったので、また会いに行ってきました。 この日も梅雨空の下ジメジメと蒸し暑い日でした。 例年の私なら、この時期に関東で撮影に出る...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。