NIKON F2 ウエムラスペシャル 2017.1.18

 前々から行こうとは思っていたのですが、やっと品川のニコンミュージアムに行って来ました。

 今回行ってみた理由は、お台場で撮影の予定があったことと、ニコンミュージアムで植村直己さんのカメラなどを期間限定で展示しているためです。
 ニコンが植村直己さんのために製作したスペシャルモデルは2種類あって、ひとつはF2をベースにしたもの、もうひとつは後に製作されたF3ベースのものです。今回展示されていたのは、植村直己さんの依頼でニコンが特別に製作した「F2 ウエムラスペシャル」です。このカメラは3台製作され、植村直己さんの冒険を支えましたが、2台しか現存していません。正確に言えば、日本国内には2台しか残っていません。
 何故なら、残りの1台は植村直己さんの最後の冒険、昭和59(1984)年2月12日、世界初のマッキンリー冬期単独登頂に同行し、その後消息不明となった持ち主とともに今もマッキンリーのどこかで眠り続けているからです。

ニコンF2 ウエムラスペシャル(所蔵:豊岡市立植村直己冒険館)

(D800E+AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G)

 極限状態を想定したボディは、ニコンのカメラとしては初めて外装にチタンを採用し、オイルを低温用の低粘度オイルに変え、バネを強化、フィルムの巻き上げを順巻きに変更、巻き戻しクランクを赤に着色、フィルムカウンターも「31」以降の数字を赤に変更するなど多くの改造を施したスペシャルモデルでした。
 今回間近で目にしたウエムラスペシャルは、知らない人が見ればただの古いカメラでしかないと思いますが、事情を知る者からすれば何とも言えない「重み」を感じるカメラでした。

 その他、常設展示と思われるカメラから何点か紹介します。
 まずは、F3のNASA専用モデルから。

◆NIKON F3 NASA Small

◆NIKON F3 NASA Big

 F3 NASA Smallは、昭和56(1981)年、スペースシャトル「コロンビア」に搭載されました。
 ニコンとNASAの関係は昭和46(1971)年から続いており、NASA用のスペシャルモデルなどを納入していましたが、昨年納入したD5は無改造で納入されたようです。NASAが宇宙船やISS(国際宇宙ステーション)用のカメラとしてニコンを採用し続けるのは、ニコンに対する信頼の証ですね。ニコンとNASAの関係の歴史は、下のリンクに詳しく書いてあります。

 ニコン、NASAからデジタル一眼レフカメラ「ニコンD5」を53台受注(2017年8月25日)

 最後に、ニコンの一眼レフのカッタウェイ・モデルがいくつか展示してあったので、そちらも紹介します。

◆NIKON F

◆NIKON F3

◆NIKON F4

◆NIKON F5

◆NIKON D3

◆NIKON D4

Related Post

五稜郭と箱館戦争の史跡 2019.2.11-13
views 224
今回の函館滞在で天気がいまひとつだった日は、五稜郭や箱館戦争の史跡を回ってみました。 特に五稜郭は、一昨年訪れた際には28mmまでのレンズしかなく、全景を撮れなかった悔しい思い出があった...
札幌の野鳥 2019.2.6-9
views 460
美瑛の次は、予定どおり札幌に移動しました。 札幌滞在の目的はススキノ・・・(だけ)ではなくて、シマエナガとエゾリスです。 ですが、結果から言うと、シマエナガはお尻をチラっと撮れただけ、エゾ...
Korielとは
views 98
 私はこのブログでKoriel(コリエル)というハンドルを使っているわけですが、果たしてKorielとは誰か。  実は、以前からオンラインゲームでも「Koriel」を良く使うので、「Kori...
雪 2018.1.22
views 30
 予報どおり関東で結構な雪が降りましたね。    仕事や学校で通勤・通学の方にとっては悪夢でしょうが、こんな夜にカメラを持ち出さないのは勿体ない。  といっても、私のメインカメラD800Eは...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。