今日もミドリシジミを探しにさいたま市内の公園へ行って来ました。
予報は曇りでしたが、朝4時に起きると薄い雲の隙間から所々青空も見えている感じ。
これなら行けるだろうと出掛けてみました。

まず出会ったのは、またしてもB型の雌でした。

少し翅に汚れと傷がありますが、なかなかの美人さんです。
この青斑、他の方が撮った写真では時に凄く綺麗に写っているのですが、どうしても同じようには写ってくれませんでしたorz

それならばと翅の青い鱗粉のところを1/2倍で切り出してみました。
さすがD800E、ピントが合っていてブレさえ無ければ細部もシャープに写っています。
良く見ると、青く輝いている鱗粉と紫系に輝いている鱗粉が見えますが・・・これも光の角度で変わるのでしょうか。

雌はその後O型も見つけましたが、A型とAB型はまた次の機会に捜してみます。

その後雄も含めて5頭か6頭は見つけたのですが、天候のせいか翅は開いてくれない、敏感ですぐ木の上に飛んでいってしまうの二重苦でした。
そしてやっと見つけたのが、ピッカピカの雄です。
凄く良い子で長々と被写体になってくれたのと、撮影者が私1人だったので、色々な角度から写真を撮れました。

というわけで、同一個体で撮った構造色の変化をいくつか並べてみましょう。
題して、ミドリシジミ七変化(実は6枚しかない。)!

途中少し飛んだので場所が変わっていますが、間違いなく同一個体です。
やはりこうして見ると、光の当たり方や蝶を見る位置によって、同一個体でも随分色が違って見えますね。
そして後から狙ってしまうと、ただの茶色い蝶でしかなくなってしまいますね。

雄の翅表は等倍で切り出してみましたが・・・ギンギラギンですね!
良く見ると、黄色っぽく輝いている部分もあるのが印象的です。

最後に、綺麗に開いたミドリシジミを上から撮ることが出来たのショットを載せておきます。

今年は避暑を兼ねて札幌のゼフを撮ろうと、来月に2週間ほど北海道に帰る予定です。
狙い目は手近な所で円山、藻岩山、場合によっては手稲山あたりですか・・・ポイント全くわかりませんが((
ジョウザンミドリシジミ、メスアカミドリシジミ、アイノミドリシジミなど見たことのないミドリシジミの仲間がたくさんいる(というよりミドリシジミ以外全部・・・)ので、見られたらいいなぁ。


9時半頃になり、午後も用事があったので、カメラを仕舞い帰り道を歩いていると、ミズイロオナガシジミが何頭も見つかりました。
そのうち1頭がどうも翅を開きたそうにしている気がして、暫く待っていると開いてくれました!
地味というかシックというか、なかなかに魅力的な蝶ですね。

(おまけ)

ミドリシジミの交尾が良かったなぁ・・・
ミズイロオナガシジミでも良かったけど・・・

(NIKON D800E + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM)

Related Post

ミドリシジミ 2021.5.28
views 239
さて、発生は確認出来たミドリシジミですが、そうなれば翅表の煌めきを見たいですよね。 この日は休日だったので、朝4時に起きて…のはずでしたが、1時間寝坊しました。 現地に着いたのは6時半頃、...
ミドリシジミ 2016.5.29
views 481
今年もとうとうこの季節がやってきました。 あの煌めく金緑色に目も心も奪われる季節です。 個人的に平地性ゼフィルスの目玉!と思っているミドリシジミです。 朝4時に起きて向かったのは、昨年も...
アカシジミ 2022.5.17-20
views 90
ニジゴミムシダマシばかり撮っていたわけではなく、アカシジミもちゃんと?撮ってましたので、紹介しようと思います。 5月17日   5月19日 擦れた...
ミズイロオナガシジミ 2021.5.26
views 70
ミドリシジミはたった1匹に会えただけですが(勿論坊主に比べれば大違いですが。)、ミズイロオナガシジミは3頭を見ることが出来ました。 早速写真を出してしまいます。 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。